私たちが信じていること(信仰告白)

I

私たちは、旧約、新約聖書の両方が、原文に誤りのない、神の霊感による神の言葉であり、人類の救いという神の御心の完全なる啓示であり、すべてのキリスト者の信仰とその人生に対して、神聖かつ最高権威を持つものである、と信じる。 テモテへの手紙一 3:16 (マウスを上に置くと、聖書の言葉が出ます。)

II

すべての創造主であり、とこしえに完全で、永遠に三位一体(父なる神、御子、聖霊)である、唯一の神を信じる。 ペトロの手紙一 1:2

III

イエス・キリストが、聖霊により宿り、処女マリアからお生まれになった、まことの神であり、まことの人となられた 方であると信じる。また、聖書の御言葉どおり、この方は、私たちの罪のために、完全かつ成し遂げられたささげものとして、十字架上で亡くなられ、さらに は、死からよみがえり、天へ昇り、大能者の御座の右に着座され、今、私たちの大祭司、あがない主であると信じる。 ルカによる福音書 1:34-35テモテへの手紙一 2:5ヘブライ人への手紙 8:1-2

IV

聖霊の働きは、主イエス・キリストに栄光を帰すためのものであると信じる。この時代にあって、聖霊は、人に罪を認 めさせ、罪ある者を新生させ、神を信じる者がその信仰にふさわしく生き、働きをなすことができるように、その内に宿り、導き、教え、力を与える方である、 と信じる。 ヨハネによる福音書 16:7-14

V

人は、神の御姿に似せて造られたにも関わらず、罪を犯し、迷い出た。ゆえに、聖霊による新しい生まれ変わりによってのみ、その救いと霊なる命を受け取ることができる、と信じる。 ローマの信徒への手紙 5:15-19ローマの信徒への手紙 8:15-17

VI

イエス・キリストの流された御血とその復活だけが、信じる者すべての義と救いの原点となり、信仰によりイエス・キリストを受け入れた者だけが、聖霊によって生まれ変わり、神の子どもとなりうる、と信じる。 ローマの信徒への手紙 3:25-26エフェソの信徒への手紙 2:8-9

VII

主イエス・キリストの再臨を信じ、この“幸いなる望み”こそ、個人の信仰生活とその働きに重要な意味を与える、と信じる。 ヨハネによる福音書 14:2-3ヨハネの手紙一 3:2-3

VIII

死者はすべてよみがえり、キリストにある死者は、主とともに永遠の祝福と喜びを受け、神に反する者は、さばきと永遠なる苦しみの刑罰を受ける、と信じる。 テサロニケの信徒への手紙一 4:13-18ヘブライ人への手紙 9:27

IX

真の教会とは、イエスキリストの救いにあずかり、聖霊により新しく生まれ変わり、イエスキリストを頭とするキリストの体につながるすべての者たちの集まりである、と信じる。 コリントの信徒への手紙一 12:12-13

X

神の御言葉に従い、教えとその生活において、特に、すべての偶像礼拝との関わりにおいて、はっきりと教会の清さを保つ必要がある、と信じる。 ユダの手紙 3-4ユダの手紙 21-23